トップへ 商品紹介 海洋深層水とは ショッピング 料理レシピ 会社概要 リンク集



ゴーヤーチャンプルー
沖縄の夏野菜の王様「ゴーヤー」を使った定番メニューの「ゴーヤーチャンプルー」は夏バテ防止に抜群のレシピです。

ゴーヤ独特のニガミをまろやかにするために“タマゴ”とじにすることで、お子様でもおいしく召し上がれます。食べ応えのある島豆腐を使うことでボリュームもUP!

・ゴーヤー 1本
・島豆腐 300g(木綿豆腐)
(※木綿豆腐の場合は事前によく水切りしてお使い下さい。)
・タマゴ(L玉) 2個
・ポーク缶 お好みの量
・かつおだしの素 6〜8g
・液塩にがり
・しょうゆ 少々(お好みで)
 


<ゴーヤの下ごしらえ>
1.ゴーヤーを半分に割り、中の種やワタをスプーンでくり抜きます。
2.ゴーヤーをスライスします。(*薄くスライスするとサクっとした食感、厚めだとボリューム感がでます。)
3.スライスしたゴーヤーに球美の塩をふり、軽く混ぜたのち、数分置いておきます。
└(*塩の効果でゴーヤの苦味がまろやかになります。)
4.ゴーヤーから水分が出てきたら、水で洗ってよくきります。
<島豆腐の下ごしらえ>
5.ボウルに卵一個を溶き、島豆腐を適当な大きさに切って卵にくぐらせます。
6.5で下ごしらえした島豆腐をフライパンで両面きつね色になるまで焼き、一度フライパンから取り出しておきます。
7.少量の湯に溶いたかつおだしの素に、液塩にがりを小さじ2杯入れて合わせておきます。
<すべての材料を炒める>
8.これらの下ごしらえをした材料をフライパンで炒めます。
9.まずポークを炒め、きつね色になったらゴーヤーを入れます。
10.ゴーヤーがしんなりしてきたら、島豆腐を入れて炒めます。
11.液塩にがりとかつおだしを合わせた調味料を回し入れます。
└(*むらなく味付けをすることができ、また、しっとりとした食感の炒め物になります。)
12.最後に先ほど島豆腐につけて余った卵と、もう一つの卵を溶いて回し入れます。
└ お好みでしょうゆを少々鍋肌から入れます。
13.材料と混ざった卵が固まってきたら出来上がりです。
*ごま油を使うと更に風味が増します。
*溶き卵は味付けの後に入れると、濃すぎないでいいですよ。



 材料の商品をネットでお買い求めいただくことが出来ます

   >>
球美の液塩にがり
  

  『球美の水』商品一覧ページはこちら


分量アイコン
 
※分量の参考にして下さい。
カップ1杯200ml

カップ1杯200ml

小さじ1杯5ml

小さじ1杯5ml

大さじ1杯15ml

大さじ1杯15ml

1滴0.15ml

1滴0.15ml

掲載:07.06.●

 

 
リゾートホテル久米アイランド  海洋深層水温浴施設  バーデハウス久米島  本場泡盛久米島の久米仙
Copyright © 2004-2019 kumejima kaiyoushinsousui kaihatsu Co., Ltd. All Rights Reserved.